医薬品メーカー転職エージェントランキング

医薬品メーカーに転職したいなら

医薬品業界は、今後も開発や研究がますます発展していくことが予測されていますので、医薬品メーカーの雇用も拡大していくのではないでしょうか?転職するなら今がチャンスかもしれません。

マイナビエージェントでは医薬品メーカーの非公開求人ほ豊富で、何より医薬品分野に詳しいコンサルタントから転職のアドバイスが受けられるのも心強いですね。医薬品メーカーへの転職を成功させるなら転職エージェントは必須です!

医薬品メーカー向け!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア
マイナビエージェント 無料 全国エリア

マイナビエージェントは、転職エージェントランキングでも高い評価を得ているマイナビ転職など、様々な人材サービスを行っているマイナビが運営しているので安心して利用できるサービスです。また、求人票に記載されていない情報こそが転職成功への要因と考えていて、各医薬品メーカーの採用担当者だけでなく現場で働く方の声も聞いています。その為、条件面はもちろんのこと各医薬品メーカーにおける人間関係・残業・キャリアアップの実態などを的確に説明してくれるサービスが受けられます。


リクルートエージェント 無料 全国エリア

リクルートエージェントは、企業とのパイプが強いリクルートグループならではの業界最高クラスの求人件数を扱う求人サイトです。また医療・製薬・メディカル業界で多くの転職支援実績を持っている求人サイトなので、ノウハウや実績を生かした総合的サポートが受けられます。それから希望の求人情報をいち早く届けると共に、医薬品メーカーの動向を踏まえたキャリアプランの提案もしてくれるなど、様々なサービスがあります。


type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉

typeは株式会社キャリアデザインセンターで運営していて、ワンランク上のキャリアを目指す人の転職エージェントです。医薬品メーカーなどの求人を多数掲載していますし、医薬品メーカーへの転職にも役立つノウハウ情報やサポート情報も充実しているサイトです。また、転職活動をサポートするためスカウト・オファーダイレクトメール・マッチングサービスといった様々なサービスを展開しています。医薬品メーカーで気になる求人を、一覧で比較検討できる検討中リストといったサービスもあります。


DODAエージェントサービス 無料 全国エリア

日本最大級の求人数を誇るDODAには非公開求人も多数ありますし、企業からの信頼が高いので大手医薬品メーカーからの求人も集まっています。また、希望する医薬品メーカーに対する条件交渉力にも自信があるので、転職後の満足度も高くなる可能性が大きいです。それからDODAならではのノウハウや企業情報を考慮した徹底的な対策を伝授してくれるので選考通過の可能性が高まります。このようなサービスが整っているので、DODAは医薬品メーカー転職の心強い味方になってくれます。


キャリコネ 無料 全国エリア

キャリコネは利用者アンケートを基にして企業情報を提供する口コミ情報サイトであると共に、その情報を活用してコンサルタントへの相談・求人応募・スカウトサービスを利用できるサイトです。また、幹部候補求人など年収200万円アップ転職サービスと言ったものも提供しています。キャリアをサポートする医薬品メーカーの情報もあるので、医薬品メーカーへの転職にも活用できます。


医薬品メーカー転職の最新情報

日本には、医薬品メーカーの種類としても国内企業から海外企業まで多くの種類があります。それぞれのメーカーによって、営業理念が異なっており、求職者に求める希望も異なっている一方で、いかに顧客側が求めるニーズに沿って、的確な提案をしていけるのかは大きなポイントになっています。それにプラスをする形で、海外企業の場合であれば、日本国内の活動のみに目を向けるのではなく、全国的に今の医薬品の流れを見る中から、グローバルな視点で提案をしていけるのかが採用のポイントになります。

これから医薬品メーカーの転職を考えている人にとっては、今が転職時期だと言えます。それは、今までは中途採用に対して積極的ではなかったMRの職も、2013年の後半あたりから求人情報を多く取り扱い始め、今の段階でも数多くの求人が出てきている為です。また、一般的に中途採用が活発になる時期としては、5月からの入社に備えた1月末から2月、8月からの入社を予定している3月から4月に求人がまとまる傾向に合ったのですが、なるべく優れた人員を確保する為にも、他企業の募集時期とずらして求人を載せる場所も増えてきています。その他にも、医薬品メーカーの中途採用が活発になってきた理由としては、耳鼻咽喉科やオンコロジーを始めとする新たな領域で活動をする医薬品メーカーの求人が積極的に転職エージェントに登録され始めた事を理由としています。

その他に現在の転職状況としては、以前よりも一度に採用する人員の数が多くなっている事でしょう。その理由としては、今の日本では新たな医療技術が次々と開発される事によって、製薬会社の規模も大きくなる傾向にあり、なるべく多くの社員を雇用する傾向が見られ始めた為です。このように、医薬品メーカーの転職は以前よりも活発になってきており、これからも徐々に、様々な分野における求人が転職市場に出回る可能性が高くなっています。しかし、その一方で、一般には公開されていない求人も数多く存在しており、これらの求人の中には、高給与の職場なども含まれています。

医薬品メーカーを探す場合でも、一般公開されていない求人からも探す場合には、転職支援サイトの大手であるマイナビエージェントに登録してみるといいでしょう。このエージェントを利用すると、非公開求人の中から自分の希望に合わせた職場を見つける事ができる他、転職に向けての準備を、キャリアエージェントと共に勧めていけるので便利です

医薬品メーカーの採用基準

これから医薬品メーカーに就職を希望する人が最も気になる点としては、採用をする際にはどのような基準で人選を行っているのかではないでしょうか。その部分を知る場合には、まず自分がどの部署に行きたいのかを明確にしておく事が必要です。それは、医薬品メーカーの中で働く場合には、どの部署に行きたいのかによって必要とされる技術や能力が異なってきます。そして、例え今まで営業職の経験がある人でも、医薬品メーカーで働く場合には、医師や医療施設をメインとする事から、その企業が取り扱っている薬剤の特徴をしっかりと知った上で、その薬を必要としている場所を見つける必要があります。ですので、ただ自分の企画を提案するだけではなく、細かなリサーチをする中で、最もその企業に合った卸先を見つけていく事が必要とされます。

このように、どの部署に行くのかによって採用基準が異なってくるのですが、ほとんどの場所が求めている像としては、コツコツとリサーチを続けることができるかというまじめさや熱心さが問われます。そして、メーカーの中でも海外企業の場合には、日本国外の人々とコミュニケーションを取る中で、その企業が特徴としている部分を相手に説明できるのか、どれだけ創造力を持って、革新的な営業を行えるのかが問われます。その事から、どの企業でも筆記試験以上に面接を重視する場所が多く、企業によっては、グループディスカッションという形でその人の潜在能力を見る事があります。

しかし、その他の採用基準については、企業によって細かく異なってきます。特に、中小企業の中でも、徐々に契約先を増やしている場所の場合は、ただ商品を勧めるだけではなく、その薬品のニーズを知り、利用する側の事を考えた営業力が問われる事があります。ですので、ただ自分の意見を通すだけではなく、他の人の意見を聞く中で、どのような場所に営業を掛ければいいのかを予測する力が必要なのです。

色々とあるメーカーごとの採用基準ですが、より細かい部分まで知りたい場合には、医薬品メーカーの求人を数多く取り扱うエージェントに登録をしておく事もいいでしょう。特に数多くあるエージェントの中でも、マイナビエージェントを始めとする大手の企業を利用すると、より細かなメーカーの採用基準を知る事ができます。また、エージェントを利用する場合には、セミナーを登録者に向けて開講することで、その基準をパスする為の方法を学べるので便利です。


Copyright (C) 2014-2018 医薬品メーカー転職エージェントランキング All Rights Reserved.